シンビジウム

長年我が家で生き残っているランですが、何の手入れもしなくて、冬でも外に置きっぱなしで、最悪の状態なのでしょうが、それでも花を咲かせてくれました。
このランって、結構強いものですね。

1)「シンビジウム」 ラン科シュンラン属の多年草。

2)正式名称もあるのでしょうが、そちらは不明です。

3)アップで見ても可愛らしいお花ですね。

4)こちらが全景ですが、何の手入れもしないものか、1本しか花茎は出ませんでした。

シンビジウム” への6件のコメント

  1. こんにちは。

    手入れしていなくても、毎年、綺麗なお花を咲かせてくれるのは素敵ですね♪
    赤いお花が綺麗ですね~。

    • 静さん
      コメント有難うございます。

      本当に何にも手入れをしないものか、花茎が1本しか出ませんね。
      以前は、数鉢育てていたのですが、今はこの一鉢が残っているだけです。
      濃いめの色合いの花、華やかな感じがしますよね。

  2. 見事に咲いてますがお手入れなしなのですね。
    蘭を育てるのは難しそうですが・・・・丈夫なのでしょうか。
    我が家のミニ蘭もエアプランツ状態でしたが、開花したのには驚きました。
    アップも楽しいですね。

    • メロンさん
      コメント有難うございます。

      ここ数年は、花茎がもっと短かったのですが、今年は1本とは言え
      長く伸びて綺麗に咲いてくれました。
      メロンさんのお宅のミニ蘭、エアプランツの一種なのでしょうかね。
      でも、お花が咲いてくれてよかったですね。

  3. こんばんは
    綺麗に咲いていますね。
    我が家の同じような色のシンビジウム ルビーサラも
    手入れせず外に置きっぱなしで毎年咲いています。
    この色の花は丈夫なのかしら?。

    • あららままさん
      コメント有難うございます。

      これだけ伸びた花茎、久々なのですよ。
      何時もはほったらかしなものか、花茎が短いのですよね。
      あららままさんのお宅のも外に置きっぱなしですか
      本当に、この色の花は強いのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。