ゼラニウム

少しだけですが、我が家で咲いていたゼラニウムです。
2種類のうち、赤は、この一輪だけ咲いていたものです。
斑入り葉のゼラニウムの方が、沢山の花を咲かせていました。

1) 「ゼラニウム」 フウロソウ科テンジクアオイ属の常緑性多年草。

2) 我が家のは、多年草ですが、セラにウムの中には、一年草や半低木の物もあるそうですね。

3) こちらは、葉っぱに附が入った種類です。名前は・・忘れました。

4) 後、モミジバゼラニウムもあったのですが、これは家出をされてしまいました。

エリカ コロランス

昨日、以前台風の時壊れていた雨樋を直すのにパーツを購入に行ったホームセンターで見かけたエリカです。
以前メロンさんのところで拝見したことがあったものか、撮ってみました。

1) 「エリカ コロランス ’ホワイトデライト’」 ツツジ科エリカ属の常緑小低木。

2) エリカと言っても種類が多いですが、一般的によく見かけるのは、ジャノメエリカでしょうかね。

3) このお花、ジャノメエリカを見ていると、同じ仲間とは思えないお花ですね。

4) 特徴のある花姿で、可愛らしいかなって思います。

青風蘭

我が家のアオフウランが、まだ2輪ほどですが咲き出しました。
日中は、お日様に当てるため最後の写真の様に外に出しますが
後は、パソコンラックの一番上に置いています。

1) 「アオフウラン(青風蘭)」 ラン科 別名:ブルームーン

2) 風蘭と、ブルーの花色を持つアスコセンダとの交配によって生まれたテーブルサイズの洋ランだそうです。

3) この花色、それに咲く時期、手間要らずと良いとこばかりのお花の様に思います。

6) こちらが全景です。草丈はこれ以上大きくなりません。と言うか、鉢の外にいっぱいの根が出たときには植え替えるのですが、その時古い下の部分をカットしますので、このサイズで収まります。あと、ネットで見ると花茎が直立しているのを見かけますが、我が家のは、如何しても横向きになって咲いてしまいます。直立するともっと綺麗なのでしょうがね。

中輪菊

昨日は、小菊の掲載でしたが、今回は、中菊の掲載です。
色合いも、花姿も綺麗な菊のお花ですが
花びらの見た目が、カサカサとした紙細工の様な感じに見えました。

1) 「チュウギク(中菊)」 キク科ヘリクリサム属の一年草。 
追記:このお花、「カイガラソウ」とか「ムギワラギク」と呼ばれる品種の様です。

2) 日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種されて生まれた品種群を洋菊と呼ぶそうですが、これはどちらなのでしょうかね。

3) 感じからして、洋菊の一種の様な気もします。

4) これを撮らせて頂いたお宅では、大菊(一輪菊)も育てられていました。大輪の菊は、手間隙掛かるのでしょうね。

メロンさん、お花の名前有難うございました。

小菊

今月6日の日に掲載した可愛らしい白い小菊
同じ種類の黄色い小菊を見かけたので撮って来ました。

1) 「コキク(小菊)」 キク科キク属の多年草。黄花種

2) 花の大きさも、白花種の小菊とまったく同じくらいで、この色も可愛らしいと思います。

3) 白の小菊も素的だと思いましたが、こちらも良いものですね。

4) チョッと角度を変えて撮ってみました。中心の花びらが、白とは多少感じが違いますかね。