凌霄花

今回のお花は、今朝撮って来たノウゼンカズラの掲載です。
色合いも花姿も綺麗な花木ですよね。

1)「ノウゼンカズラ(凌霄花)」 ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の落葉性つる性木本。

2)中国原産で、平安時代には日本に渡来したと考えられているそうです。

3)以前我が家にもあったのですが、同居人さんに強剪定をされ、枯れてしまいました。

何の花

我が家で同居人さんが育てている物なのですが
私は小判草かと思っていたのですが、何だか形が違うようで
もっと実ると小判草の様になるのでしょうかね。

1)「何の花(穂)」 イネ科の植物には間違いないようなのですが・・?
追記:この植物「ワイルドオーツ」 イネ科チャスマンティウム属の宿根草の様です。別名:宿根小判草・西洋小判草・ニセ小判草

2)穂の間から小さな花が覗いていました。

3)この穂、25㎜から30㎜位の大きさです。

4)こちらが全景ですが、小判草だと思い込んでいたものが・・?

透百合

今回のお花は、公園で見かけた黄色い透百合です。
我が家にもまだ咲いていない百合で、オリエンタルリリーと言うのがあるのですが、もう少しで咲きそうです。

1)「スカシユリ(透百合)」 ユリ科ユリ属の多年草。黄花園芸品種

2)我が家にも真紅と純白のスカシユリがありますが、どちらも終わってしまいました。

3)原種は古来より栽培・育種の対象となっており、交配の母種として使われることが多いそうです。

4)こちらが全景ですが、さすが園芸品種、綺麗な色合いですよね。

桔梗

朝日を撮っている公園に、私の住んでいる市の水源となっている猪名川と言う河川があるのですが、この河川敷で見られる野草を植栽しています。
その中で、キキョウの花が咲き出しました。
私の大好きなお花で、早速撮って来たものです。

1)「キキョウ(桔梗)」 キキョウ科キキョウ属の多年草。

2)日当たりのよい草原に見られますが、国内ではそのような場所が激減したため絶滅危惧種に指定されているそうですね。

3)根は太くまっすぐに伸びて、ニンジンを小ぶりにしたような形で、この太い根は漢方薬にも利用されるそうです。

4)こちらは蕾ですが、まるで紙風船みたいで可愛らしいですね。

紫御殿

今朝は、お天気もいまいちだったのですが、それを見てまた寝てしまいました。
完全に寝坊状態で、目が覚めたら5時半位だったです。
今回のお花は、我が家で満開状態なムラサキゴテンの掲載です。
シラユキヒメもあるのですが、こちらはまだ花を咲かせていませんでした。

1)「ムラサキゴテン(紫御殿)」 ツユクサ科ムラサキゴテン属(トラデスカンチア属)の園芸品種。別名:パープルハート、セトクレアセア

2)以前はセトクレアセア属に含まれていたので、セトクレアセアの名のほうがなじみ深い植物のようですね。

3)多少多肉質の葉っぱで、夏に濃い桃色で花径2cm位の花を咲かせます。

4)観葉植物としても綺麗ですが、お花も可愛らしいですよね。