クリスマスローズ

我が家のクリスマスローズ・ハイブリッド種が咲き出していたので撮ってみました。このお花、下向きに咲くので撮り辛いのですよね。

1) 「クリスマスローズ・ハイブリッド種」 キンポウゲ科クリスマスローズ属の多年草。 一重ホワイト種

2) こういったお花を撮るのには、自分のクリスマスプレゼントに購入したCannon PowerShot G7 X Mark II が役に立ちます。

3) マクロ撮影時には、F1.8 で撮影可能です。

4) こちらが全景ですが、まだ咲きかけも多く、暫くは楽しめそうです。

ブラキカム

ご近所で見かけたブラキカムが綺麗に咲いていたので撮ってみました。道端のフェンスに道路側に向けてプランターを引っかけているので撮り易かったです。

1) 「ブラキカム ‘マウブ・ディライト’」 キク科ヒメコスモス属(ブラキスコメ属)の多年草。 別名:ブラキスコメ、宿根ヒメコスモス

2) オーストラリア、タスマニア、ニュージーランド、ニューギニアなどが原産地で、オーストラリアで品種改良された、多年草タイプの品種が多く流通しているそうです。

3) 花期的には、3月~11月頃らしいですが、今でもまだ咲いているのですね。

4) 本来は学名のカタカナ読みでブラキスコメと呼ぶのが正解で、日本での一般的な名称、ブラキカムは、本種の異名とされているそうです。

ビーダンス

ご近所で可愛らしいお花が咲いていたので撮って来たのですが、名前は自信がありません。間違っていたらご指摘くださいね。

1) 「ビーダンス レッドストライプ」 キク科ビデンス属の多年草。別名: ビデンス

2) ウインターコスモスの園芸品種で、サントリーフラワーズが作出したお花のようです。

3) 花弁にストライプが入るものから、中心部に赤色が入るものまでいろいろあるようですね。

4) こちらがほゞ全景ですが、可愛らしいお花でした。

素心蝋梅

今朝は、どんよりとした曇り空で、一旦池に行ったのですが、一周回って後花散策の散歩に切り替えました。今回のソシンロウバイは、先だって撮って来たものですが、今朝も何種類かのお花を撮って来ました。そちらは明日からの掲載です。

1) 「ソシンロウバイ(素心蝋梅)」 ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木。

2) 中国原産で、花の少ない時期に咲くので珍重されています。 蝋梅の名は、蝋細工のように見える花の姿から付いた名前だそうです。

3) 蝋梅(ロウバイ)は内側の花被片が濃い紫色になりますが、素心蝋梅(ソシンロウバイ)は花被片全体が黄色です。

4) まだ咲き出したばかりで、綺麗に咲いているのは数輪でした。

ブラソカトレヤ・マイカイ

昨年の12月中半に2輪咲いたブラソカトレヤ・マイカイ ‘マユミ’ を掲載したことがありますが、最後の3輪目も咲いて、今でも綺麗なままです。一か月以上も咲いた状態って、長持ちするお花ですね。

1) 「ブラソカトレヤ・マイカイ ‘マユミ’ 」 ラン科ブラソカトレヤ属( ブラサンセ属 ) 別名:ブラサンセ・マイカイ ‘マユミ’

2) 左側のお花の横顔です。

3) 右側のお花です。

4) こちらが全景です。この状態で一ヶ月以上経っています。長持ちするお花って、それだけでも素敵かなって思います。