彼岸花の蕾

掲載ネタ切れでどうしょうかと思っていたのですが、ヒガンバナの花穂が伸びて来たので撮って来てみました。
特にシロバナマンジュシャゲは、数年育てていますが、今年初めて花穂を伸ばしてくれました。

1) 「シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華)」 ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草の花穂。三本だけですが、やっと花穂を伸ばしてくれて、今年こそはお花が見れそうです。

2) 「ヒガンバナ(彼岸花)」 ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草の花穂。こちらはたくさんの花穂が伸びて来ています。地面に置いているものか、猫ちゃんの阻喪除けに針金で入れないようにしています。

星朝顔

マルバルコンソウから始まって、マメアサガオと掲載して来ました。
今回も一緒に撮って来たホシアサガオの掲載です。
これで掲載ネタが切れるのですが、何か撮って来れると良いのですがね。

1) 「ホシアサガオ(星朝顔)」 ヒルガオ科サツマイモ属の一年草。

2) 熱帯アメリカ原産で、北アメリカ、オーストラリア、東南アジアなどに広く帰化しているそうで、日本には、第二次世界大戦後に帰化した植物だそうですね。

3) お花は、直径1.5cmほどの淡紅色で星型、中心部が濃い色に成っています。

4) 和名は、先が5裂して上から見ると星形に見えるので、ホシアサガオの名前が付いたものかと思われるそうです。

豆朝顔

今回のお花は、マルバルコンソウと一緒に撮って来たマメアサガオの掲載です。
ホシアサガオと一緒に掲載しようかと思ったのですが、枚数が多くなるので、分けて掲載する事にしました。

1) 「マメアサガオ(豆朝顔)」 ヒルガオ科サツマイモ属の一年草。

2) 北アメリカ原産で、1955年に東京近郊での帰化が報告され、現在では関東地方以西の道端や河川敷の土手などに雑草として帰化しています。

3) 花色は白。葯が明るい紫色をしているのが可愛い感じかと思います。小さなお花で、花径は1.5cm程度です。

4) 葉っぱの形は変異が多く、この葉は、変異種の様です。普通は、マルバルコンソウに似た感じがします。

丸葉縷紅草

今回は、何時もの池とは違う場所まで行き撮って来たマルバルコンソウの掲載です。可愛らしい色合いで、素敵な花姿、私の好きなお花のひとつです。

1) 「マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)」 ヒルガオ科サツマイモ属の一年草。 別名:マルバルコウ(丸葉縷紅)

2) 原産地は中央アメリカで、日本へは江戸時代の末期に観賞用として渡来し、本州の関東地方から九州にかけて帰化しているそうです。このお花も河川敷の土手で咲いていたものです。

3) ラッパのような形をした小さな花を次から次へに咲かせ、花の色は朱赤色で、中心部は黄色です。

4) 二つ並んで咲いたお花、可愛らしいですよね。

木槿

夏のお花のイメージがあるムクゲが、まだ奇麗に咲いていました。
そう言えば、このお花、撮っていなかったなって思います。

1) 「ムクゲ(木槿)」 アオイ科フヨウ属の落葉性低木。別名:ハチス

2) 原産地は、中国などの東アジアで、和名のムクゲという名前は、中国名の「木槿(モクキン)」あるいは韓国名の「無窮花(ムグンファ)」が転訛したものと考えられるそうですね。

3) 写真の白で一重花に中心が赤い底紅種は、千宗旦が好んだことから、「宗丹木槿」とも呼ばれる事もあるそうですね。

4) 色んな色や花姿のムクゲがありますが、私もこのお花が一番好みです。