藪柑子

このところ掲載ネタも無く、体調もいまいちだったものか、ちょっとお休みをしてしまいました。でも、今の時期、本当に掲載ネタに苦労しますね。
今回のヤブコウジは、我が家で実っていたものですが、低い位置で実っているものか、気が付かない事も多いです。

1) 「ヤブコウジ(藪柑子)」 サクラソウ科ヤブコウジ属の常緑小低木。別名:ジュウリョウ(十両)

2) 地植えにしているものか、低木の為、実が生っているのに気が付かない事もあります。

3) もっとも植えている場所自体が、余り目立たない所なので仕方ないですがね。

4) でも、こうして見ると可愛らしいですよね。

小菊

今朝は、一旦目は覚めたのですが、寒くてもう少しと思ったのが間違いでした。
次に目が覚めた時には・・。
そこで今朝は、近くで咲いていた小菊のお花です。

1) 「コギク(小菊)」 キク科キク属の多年草。

2) 日本では日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種されて生まれた品種群を洋菊と呼ぶそうですが、花の直径が1㎝から3㎝の花を小菊と呼びます。

3) 以前掲載した小菊より、色合いは少し地味ですが、これはこれで可愛らしいかと思います。

4) 我が家にも小菊はあるのですが、日当たりのせいか、余り開花状態は良くないです。

掃溜菊

今回のお花は、名前が可哀そうなハキダメギクです。
もう少し可愛らしい名前が付けられなかったのでしょうかね。

1) 「ハキダメギク(掃溜菊)」 キク科コゴメギク属の一年生植物。

2) 植物学者の牧野富太郎氏が世田谷の掃き溜めで発見したのでこの名前がついたそうですが、ネーミングのセンスがね。

3) 私的には、結構可愛らしいお花だと思うのですがね。

4) ちょっと引いて撮ってみました。花期的には、もう終わりでしょうかね。

中菊

今回は、今の時期よく見かける菊のお花の掲載です。
品種目とかは分かりませんが、中菊の一種かと思います。

1) 「チュウギク(中菊)」 キク科キク属の多年草。

2) キクの園芸品種のうち、中輪のもの。江戸菊・丁字菊・肥後菊・伊勢菊・嵯峨菊などがあり、古くは江戸菊のみを指したそうです。

3) 通常は、和菊の中輪品種を指すようですが、最近では、ホットマムなどの洋菊も含まれるそうですね。

4) 切り花などに利用されるだけあって、草丈も小菊よりかなり高いです。

青風蘭

我が家のアオフウランが咲きだしました。
まだ2輪ほどですが、今の時期のお花は有難いですね。

1) 「アオフウラン(青風蘭)」 ラン科 別名:ブルームーン

2) 1枚目が一番奇麗に咲いていました。こちらはまだ咲きかけと言った感じでしょうかね。

3) こちらは1枚目のお花の後ろ姿です。後ろ姿もなかなか美人さんでしょう。

4) こちらは、花穂の全景です。蕾も多く、まだこれからが本番ですね。