花韮

我が家の、花びらの先が丸いハナニラが咲きだしていました。
花びらの先が尖っているのより、少し色合いが濃い感じのお花です。

1) 「ハナニラ(花韮)」 ヒガンバナ科ネギ亜科ハナニラ属の多年草。

2) この花びらの先が丸っこいのも可愛らしい感じでしょう。

3) 鉢の陰に隠れてひっそりと咲いていたので、気が付かずに撮るのが少し遅れました。

4) ついでに、以前も掲載しましたが、よく見かける花びらの先が尖ったハナニラも掲載です。

5) どちらにも其々の良さがあり、可愛らしい感じかなって思います。

染井吉野

今回は、アップで撮ったソメイヨシノです。
今が見頃で、全体的に見た桜も良いですが、アップも奇麗ですね。

1) 「ソメイヨシノ(染井吉野)」 バラ科サクラ属の落葉高木。

2) ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラとの交雑種と考えられている園芸品種で、江戸末期に江戸染井村の植木屋が吉野桜と名づけて売り出したものだそうです。

3) 吉野は桜の名所の地名からとったもので、その後、山桜などと混同しないよう染井をつけてソメイヨシノと呼ぶようになったそうです。

4) 幹から小さな枝を出し咲いた花々、私は、この感じが好きなのですよね。

紫華鬘

今回のお花は、我が家で咲きだしたムラサキケマンです。
一株頂いた時には、数年咲かなかったのですが、咲きだすとあちらこちらで芽吹き、いっぱい咲くように成りました。

1) 「ムラサキケマン(紫華鬘)」 ケシ科キケマン属の越年草。

2) 日本全国に分布し、木陰などの直射日光の当たらない場所に生育します。

3) 花期は4-6月で、赤紫色の長さ2cmでキケマン属に独特の筒状の花を咲かせます。

4) 本当に面白い形のお花ですよね。でも、増え過ぎるのも困りますね。

越の彼岸桜

今朝はすっかり寝坊をしてしまい、早朝散歩は出来ませんでした。
またお昼前にでも歩いてこようかと思っています。
そこで今回のお花は、朝日を撮っている公園で咲いていた桜の掲載です。

1) 「「コシノヒガンザクラ(越の彼岸桜)」 バラ科サクラ属の落葉性中高木。

2) コシノヒガンザクラは、エドヒガン(江戸彼岸)とキンキマメザクラ(近畿豆桜)の種間雑種といわれていますが、他の説も有るようですね。

3) 公園の南側にあるのですが、朝日を撮っているのが北側で、撮るのが少し遅れて花の盛りを過ぎていました。

4) でも、桜を見ていると春真っ盛りと言った感じがしますね。でも、このところ肌寒い夜明けが続いていますがね。

白雪芥子

我が家のシラユキゲシが咲きだしました。
質素な感じですが、可愛らしいお花だと思います。

1) 「シラユキゲシ(白雪芥子)」 ケシ科エオメコン属の多年草。

2) 原産地は中国東部で、山地に自生しているケシ科の植物です。

3) 草丈は20~30㎝ほどで、花径4㎝ほどの白い一重の花を咲かせます。それに蕊の黄色が印象的かと思います。

4) 少し引いて撮ってみました。花の大きさのわりに、かなり大きな葉っぱですね。