カロライナジャスミン

昨日は、このところの作業で疲れ果てて、早起きは出来ませんでした。
でも、やっと座敷のサッシの入れ替えも完了しひと段落とと思ったのですが、今度は、障子紙も貼り替えろって命令が・・(涙)
それも日焼けしないプラスチック製の障子紙を貼るそうです。
両面テープで貼るそうですが、初めてなので旨くできるかどうか・・?
今回のお花も、在庫から「カロライナジャスミン」の掲載です。

1) 「カロライナジャスミン」 ゲルセミウム科またはマチン科ゲルセミウム属の常緑つる性低木。別名:ゲルセミウム、イエロージャスミン等

2) 以前、我が家にもあんどん仕立にしたカロライナジャスミンがあったのですが、台風で倒れ枯れて以来、まだ連れて来ていません。

3) 北アメリカ原産のつる性植物で、ジャスミンの香りに似た甘い香りをもつことから、この名で呼ばれていますが、ジャスミンとはまったく異なる有毒植物だそうですね。

4) カロライナジャスミンの別名「ゲルセミウム」は、同じゲルセミウム属で、かつては矢毒にも用いられたゲルセミウム・エレガンスと花色、花形がよく似ており、同じ花種と間違われやすいですが、カロライナジャスミンは、ゲルセミウム・エレガンスほどの強い猛毒性はないそうです。

花水木

今回のお花は、今が盛りのハナミズキです。
私は、咲いている花も良いですが、丸っこい咲き掛けが好きなのですよね。

1) 「ハナミズキ(花水木)」 ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。白花種 別名:アメリカヤマボウシ

2) この丸っこい咲き掛けのお花、可愛らしいですよね。

3) 少し引いて撮ってみました。

4) 「ハナミズキ(花水木)」 ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。赤花種

3) 白いお花の丸っこいのも可愛らしいですが、この赤いお花の丸っこいのも素敵かと思います。

4) こちらも少し引いて撮ってみました。

野芥子

今日は、注文していた座敷のサッシが入るものか、また兄に頼んで取り換え工事です。家が古いものか、サイズがぴったり合うサッシが無く、チョット家の方を手直ししなくてはいけないようです。
兄も昔は新しい家も建っていたのですが、最近はリホームなどの仕事を頼まれればやっているようです。
我が家の工事などは、慣れている作業に入るかなって思いますが・・。

そこでのんびりと写真を撮っている時間もなかったものか、お蔵入りに成っていたノゲシの掲載です。

1) 「ノゲシ(野芥子)」 キク科ノゲシ属の越年草。別名:ハルノノゲシ(春の野芥子)、ケシアザミ

2) 和名に「ケシ」が付くが、ケシ(ケシ科)と葉が似ているだけで分類上は全く別系統だそうですね。

3) 綿毛の有りところが撮りたかったのですが、無かったです。

4) こちらが全景です。また綿毛も撮りたいです。

木香茨

今朝は、小雨の降る夜明けで、また早朝散歩は出来ませんでした。
仕方ないですが、日中にでも歩けると良いのですがね。
そこで、先だって撮って来たモッコウバラの掲載です。
棘のないのが特徴のバラですよね。

1) 「モッコウバラ(木香茨、木香薔薇)」 バラ科バラ属の常緑つる性低木。 淡い黄色の八重品種。

2) 中国原産のバラで、花は白か淡い黄色で、それぞれ一重咲と八重咲があり、直径2-3cmの小さな花を咲かせる。 黄花の一重や白花には芳香があるそうです。写真の淡い黄色の八重には芳香は無いそうですね。

3) 一般的にモッコウバラと言うと、この品種を指すようです。

4) 「モッコウバラ(木香茨、木香薔薇)」 バラ科バラ属の常緑つる性低木。 白の八重品種。

5) 黄色の一重ほどでは無いですが、この白の八重には芳香があるそうです。

6) 両方とも開花期は初夏で一期性。白花は黄花より開花が若干遅く、芳香性を持ってはいるが黄花ほど多花性は無いそうですね。

白雪芥子

今回のお花は、我が家で今花盛りのシラユキゲシです。
最初は一鉢だったのですが、段々と増えて来て、今では鉢からはみ出した所にまで生息しています。
日陰でもよく育つ手間いらずのお花ですね。

1 「シラユキゲシ(白雪芥子)」 ケシ科エオメコン属の多年草。

2) 自生地は、中国東部の山地で樹林内の湿ったところだそうです。

3) 可愛らしい花姿ですが、水さえ切らさなければ、育てやすい山野草だと思います。

4) こちらが全景ですが、この様な鉢が後二つあり、その他にも種が飛んで行ったのでしょうね。違う所でも芽吹いています。