黄金柾

今朝は、寝坊と言うより、このところの冷え込みで体調が・・。
昨日もでしたが、お昼前にはまた散歩をして来ようかと思います。
そこで今回の掲載は、昨日のアジサイ・アナベルを撮った場所で
少しですが、咲き出した黄金マサキのお花を撮ってみました。

1) 「オウゴンマサキ(黄金柾)」 ニシキギ科ニシキギ属の常緑中低木。

2) まだ咲き出したばかりで、開いたお花は少なかったです。

3) それにしても小さなお花で、この大きさに撮るのも一苦労です。

4) こちらが全景ですが、新しい葉が鮮やかな黄一色であるため、株全体が黄金色に包まれ、やがて明るい緑色になるそうですね。

アジサイ・アナベル

昨日は雨でしたが、今朝は何と無く起きれなくて、近くの公民館で咲いていたアジサイ・アナベルを撮って来ました。

1) 「アジサイ・アナベル」 アジサイ科アジサイ属(ハイドランジア属)の落葉低木。和名:アメリカノリノキ

2) まだ純白まで咲き進んではいませんが、かなり白っぽくなったお花です。

3) 手前が咲き始めの緑っぽいお花で、奥の方が咲き進んだ白っぽいお花です。

4) 少し引いて撮ってみました。この様に公民館の花壇で植栽されていす。

銀梅花

我が家のお花は小さめですが、よく似た花を咲かすシナモンマートルと一緒に撮りたかったのですが、我が家の方がなかなか咲かないものか、このギンバイカを撮るのが少し遅れた感じです。

1) 「ギンバイカ(銀梅花)」 フトモモ科ギンバイカ属の常緑性低木。 別名:マートル、他

2) 夏に白い5弁の花をつけ、雄蕊が多く目立ちます。果実は液果で、晩秋に黒紫色に熟し食べられるそうです。

3) 本当に雄蕊が長いですよね。

4) 少し引いて撮ってみましたが、やはり時期が少し遅れた感じです。

今朝は雨の夜明でしたが、今は止んでいますので、今のうちに掲載ネタを撮って来ないと品切れです。

ゼフィランサス

我が家で咲き出したゼフィランサスと思うのですが、ハブランサスとよく似ているので分からない様になります。
でも、比較的上向きに咲くものか、ゼフィランサスかなって思います。

1) 「ゼフィランサス」 ヒガンバナ科タマスダレ属の球根性多年草。 別名:レインリリー

2) 近縁のハブランサス属、クーペリア属とともに、多くの種は乾燥と高温の後に雨が降って球根が潤うと花茎をのばして開花する性質があるため、ともにレインリリーと呼ばれるそうです。

3) 上向きに咲いているのやら斜め横に咲いているのやら色々で、品種名の判断って難しいですね。

4) こちらが全景です。奥の緑の葉は、キバナホウチャクソウです。以前はここにハナニラが植えていたのですが、何時の間にか居なくなりました。ゼフィランサスとキバナホウチャクソウに負けたのでしょうかね。

透百合

今朝のお花は、我が家で咲き出したスカシユリです。
真紅と白の2種類が咲き出していました。
オリエンタルリリー・サーモンスターなどもあるはずなのですが?

1) 「スカシユリ(透百合)」 ユリ科ユリ属の球根性多年草。 真紅の品種

2) 原種は、本州の紀伊半島以北に分布し、オレンジ色で赤褐色の斑点のある花を茎先に上向きに咲かせます。

3) 少し遠目で撮ってみましたが、この様な感じも良いかなって・・。

4) 「スカシユリ(透百合)」 ユリ科ユリ属の球根性多年草。 白花種の園芸品種。

5) この様に園芸品種には、花の色が白や黄色、濃い赤などのものもあるそうです。

6) 草丈が高くなり、5枚目は、コンデジで液晶部分を動かして真上から撮りました。後は一眼で撮っています。