今回は、先だって撮っていた一重のドクダミの掲載です。我が家の八重のドクダミは、まだ蕾も見えない状態です。根詰まりしているのかもしれません。

1) 「ドクダミ(蕺・蕺草・蕺菜)」 ドクダミ科ドクダミ属の多年草。

2) 湿った陰地に群生し、全体に特有の臭気があり、萼片や花弁を欠く小さな花が密集し、その基部に白い花びらのような苞が4枚つくため、花の集まり(花序)が1個の花のように見えます。

3) 古くから民間薬として利用され、生薬としては十薬(じゅうやく; 重薬、蕺薬)とよばれ、薬用の他にどくだみ茶や食用、園芸用などに利用されることもあるようです。

4) 日本では雑草として身近な存在ですが、古くから生薬、民間薬として利用され、ゲンノショウコ、センブリとともに日本の三大民間薬の1つとされるそうです。

キスゲ

朝日を撮っている公園で一輪だけですが咲きだしたキスゲを撮ってみました。花期的にはこれからで、蕾がたくさん伸びてきていました。

1) 「キスゲ」 ユリ科キスゲ属(ヘメロカリス属)の宿根草。 別名:ユウスゲ

2) 中部地方以西の海岸や内陸草原に見られる夜咲きの一日花ですか、次々と咲いてくるので、暫くは楽しめるお花だそうです。

3) キスゲ属の植物は陽地を好み,強健で,花は大型で美しく,各種が春から秋にかけて次々に開き,さらに種間の交配が容易で雑種の稔性もよいため,観賞用に品種改良が進み,多数の園芸品種がアメリカで作出されているそうです。

4) 少し引いて撮ってみると、咲いているお花もですが、後ろの方にも蕾が見えました。

珊瑚樹

今回は、朝を撮っている公園で咲いていたサンゴジュの掲載です。面白い形のお花の集まりで、可愛らしいかなって思います。

1) 「サンゴジュ(珊瑚樹)」 ガマズミ科ガマズミ属の常緑高木。

2) ひとつひとつを見ると面白い形をしていますが、房状になったお花は綺麗かと思います。

3) 盛夏から秋に真っ赤に熟す果実が柄まで赤く、この姿をサンゴに見立てたのが名前の由来となっているそうです。

4) こちらがほゞ全景で、朝日を浴びているので、色合いが少し違って見えますね。

ヤシ科の観葉植物

名前はよく分からないのですが、ヤシ科だと思う観葉植物です。実が生っていたものか撮ってみました。テーブルヤシとも違う感じで・・?

1) 「ヤシ科の観葉植物」

追記:この観葉植物「アレカヤシ」 ヤシ科ヒメタケヤシ属で、雌雄異株の園芸品種。 和名:コガネタケヤシ(黄金竹椰子)

2) 少しアップで撮った実ですが、なんと言う名前かは分かりませんでした。

3) 2ヶ所で実っていましたが、実自体は小さな物で、観賞価値は余り無いかと思います。

4) こちらがほゞ全景で、葉っぱはこの様な感じです。

追記:静さん、名前ありがとうございました。

松葉菊

今回は、満開状態だったマツバギクの掲載です。我が家の白いマツバギクは、今年はまだ咲いていないようです。

1) 「マツバギク(松葉菊)」 ハマミズナ科ランプランサス属、デロスペルマ属の多年草。 品種名:デロスペルマ・クーペリー

2) マツバギクの名前で出回っているものは、メセン類のなかの主にランプランサス属(Lampranthus)のいくつかの種や交配種ですが、多種多様で似たようなものも多く、どこまでをマツバギクと呼ぶかは明確ではないようです。いろいろな種類が「マツバギク」の名前で流通し、品種名はなく、商品名が色々あるようです。

3) ランプランサス属には180種ほどがありますが、まとまりに欠ける属で、苗の流通が多いのは花色が豊富な交配種のスペクタビリス種(L. spectabilis)で、これは春咲きの半耐寒性常緑種で、低木状に育つそうです。

4) こちらがほゞ全景ですが、デロスペルマ属(Delosperma)の一種クーペリー(D. cooperi)が、-15℃でも越冬するので「耐寒マツバギク」と呼ばれ、這い性で開花期間が長く、6月から10月に濃い桃色の花を咲かせます。このお花もその種でしょうかね。