雨上がりの夜明け

一昨日になりますが、雨上がりの夜明けに撮った雫です。
曇り空でしたので、お日様のキラリが入っていませんが、景色は何とか入っているかと思います。

1) ハブランサスの葉に付いた雫。

2) ハツユキカズラの葉に付いた雫。

3) ウスゲショウの葉に付いた雫。

4) ルビーネックレスに付いた雫。

5) ルビーネックレスに付いた雫。

凌霄花

今回のお花は、昨日雨上がりに撮ったノウゼンカズラです。
花びらが濡れて、瑞々しい感じでした。

1) 「ノウゼンカズラ(凌霄花)」 ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の蔓性落葉低木。

2) 原産地は中国で、平安時代には日本に渡来していたと考えられるそうですね。

3) 幹はフジと同じように太くなり、樹勢が非常に強く丈夫な花木で、地下茎を延ばし蘖を周囲に芽生えさせ、繁殖するそうです。

4) 少し引いて撮ってみました。たくさんの花を咲かせ綺麗ですね。

額紫陽花

今回は、掲載を忘れていたガクアジサイです。
私は手まり咲きのアジサイより、このガクアジサイの方が好きなのですよね。

1) 「ガクアジサイ(額紫陽花)」 アジサイ科アジサイ属の落葉低木。

2) 原種は日本に自生するガクアジサイで、その園芸品種ですね。

3) アジサイの語源はハッキリしていないそうですが、もっとも有力とされているのは、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったものとする説だそうです。

4) 今は、色んな品種があり、花姿も色合いも素敵なアジサイが多いですね。

ヒペリカム・ジュエリー

今朝も雨の降る夜明けで、早朝散歩はできませんでした。
そこで今回は、我が家のヒペリカム・ジュエリーの実の掲載です。

1) 「ヒペリカム・ジュエリー」 オトギリソウ科オトギリソウ属の低木。

2) ピエリカムの矮性品種であるジュエリーシリーズは色んな色の実がありますが、我が家のは元々は赤い実だったのですがね。今年はなんだか様子が違い、色合いが変わって見えます。

3) でも、これからまだ熟れて赤くなるのでしょうか・・。

4) それに、不思議だなって思ったのがこの実です。どう見ても白っぽい実ですよね。一枝だけこの様な実が生っていました。

木立ち性ベゴニア

我が家の木立ち性ベゴニアが満開状態になっています。
このお花も花期が長く、5月ごろから11月ごろまで咲き続けますがね。

1) 「木立ち性ベゴニア」 シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の多年草。別名:キダチベゴニア、コダチベゴニア

2) 原産地は主に南米で、世界の熱帯・亜熱帯地域に生息するそうです。

3) 地下に球根や根茎をつくらず、茎が立ち上がるベゴニアを木立ち性ベゴニアと呼んでいるそうですね。

4) 我が家のは、淡いピンクの花びらに黄色い蕊が印象的なお花です。