紅花常盤万作

チョット盛りを過ぎた感じがしましたが、ご近所のベニバナトキワマンサクが奇麗だったので撮らせて頂きました。
近くなので何時でも撮れると思っていたらダメですね。
やはりお花は、旬の時に撮るのが一番奇麗かと思います。

1) 「ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作)」 マンサク科トキワマンサク属の小高木。別名:アカバナトキワマンサク(赤花常盤万作)

2) 中国原産で、トキワマンサク(常盤万作)の変種の紅花品種だそうです。

3) 若葉は赤紫色で成長と共に緑色に変わる青葉種と、紅色を保つ紅葉種があるそうです。

4) この様にフェンスの間から顔を出して咲いていました。

木香茨

朝日を撮っての帰り道にあるモッコウバラが見頃に成って来ました。
本当はもっと黄色い色合いなのですが、写真に撮るとこの様な色合いにしか撮れませんでした。

1) 「モッコウバラ(木香茨、木香薔薇)」 バラ科バラ属の常緑つる性低木。

2) 中国原産のバラで、枝には棘がないため扱いやすいですね。

3) それぞれ一重咲と八重咲があり、黄花の一重や白花には芳香があります。
一般的にモッコウバラといった場合には、黄色の八重咲を指すそうですね。

4) これだけ見事に咲くと香りは無くとも、華やかで良いかなって思います。

八重桜・関山

季節の変わり目で、早朝冷え込むものか、朝起きれない日が続いたのですが、何とか今朝は起きれたものか、早朝散歩に出かけてみました。
その時撮って来たカンザンと言う八重桜です。

1) 「カンザン(関山)」 バラ科サクラ属の落葉性中高木。別名:セキヤマ

2) 江戸時代にオオシマザクラを母として誕生したサトザクラの一種だそうです。

3) やはり八重桜は、華やかに見えますね。

4) 幹から小さな枝を出して咲いていたお花です。

山芍薬

二輪だけですが、我が家のヤマシャクヤクが咲きだしました。
昨年は、もっとたくさん咲いたのですが、今年はこれで終わりの感じです。

1) 「ヤマシャクヤク(山芍薬)」 ボタン科ボタン属の多年草。

2) ヤマシャクヤクは本州、四国、九州および朝鮮半島に分布し、山地や深山の林床に生える野生のシャクヤクだそうです。

3) 清楚な感じで、私の大好きなお花なのですよね。

4) こちらがほぼ全景ですが、こうして一緒に咲いてくれると見応えがあります。

常磐爆

今回のお花は、完全に雑草ですが、我が家のプランターに居ついて咲いていたものですが、雑草と言っても、こうしてアップで撮ると、結構可愛らしいものかと思います。

1) 「トキワハゼ(常磐爆)」 ハエドクソウ科サギゴケ属の一年草。

2) 以前はゴマノハグサ科に含まれていたそうですが、APG植物分類体系によりハエドクソウ科に移されたそうです。

3) 和名は、葉が常にほぼ一年中あって、さらに果実がはぜる様子に由来するそうです。

4) 花の形はムラサキサギゴケに似ていますが、本種よりやや大型で、多年草だそうです。