掃溜菊

今回のお花は、名前が可哀そうなハキダメギクです。
もう少し可愛らしい名前が付けられなかったのでしょうかね。

1) 「ハキダメギク(掃溜菊)」 キク科コゴメギク属の一年生植物。

2) 植物学者の牧野富太郎氏が世田谷の掃き溜めで発見したのでこの名前がついたそうですが、ネーミングのセンスがね。

3) 私的には、結構可愛らしいお花だと思うのですがね。

4) ちょっと引いて撮ってみました。花期的には、もう終わりでしょうかね。

掃溜菊” への8件のコメント

  1. 可愛そうな名前ですが、お花は可愛らしいですね。
    名前をつける時は、後々のことを考えて欲しいですね。

    • hanakoさん
      コメント有難うございます。

      本当に可哀そうな名前ですよね。
      でも、お花は可愛らしいと思います。
      植物学者さんって、意外とセンスがないのですかね。

  2. こんにちは。

    ほんとうに可哀想な名前ですが、可愛らしいお花ですよね。
    牧野富太郎博士は高知県出身ですので、わりと馴染みがあるのですが、ハキダメギクという名前も牧野博士が名付られたのですね…。
    ちょっと残念な名前ですね。

    • 静さん
      コメント有難うございます。

      可愛らしいお花ですのに、名前が可哀そうでしょう。
      この名前、牧野富太郎博士が付けたそうですが、本当に残念な名前ですよね。東京の掃き溜めで咲いていたので、この名前を付けたそうですが、安直過ぎると思います。

  3. 本当に可愛らしい大好きなお花なんです。
    野草に興味をもって知った驚いた名前です。
    今は愛読書が「野草の名前」ですので、可哀想な名前がありすぎて。
    「野草の名前」の著者も、怒ってます。
    沢山の酷い名前があり・・もう怒りもスルー気味となってます^^;

    • メロンさん
      コメント有難うございます。

      ハキダメギクって、可愛らしいお花ですよね。
      それなのに可哀そうな名前で、どうして植物学者さんってセンスがないのでしょうかね。別名の素敵名前があっても、やはり筆頭に出てくるのは、正式和名ですものね。
      いったん付けられた名前、変える事は出来ないのでしょうか?

  4. ハキダメギク この名前だけは 牧野富太郎博士がつけて名前だと
    記憶に残っています。
    可愛そうな名前ですが 花は可愛いですよね。
    同じ区内に 牧野富太郎記念庭園があるので、1年に一度は
    行っていますが、奥様の名前をつけられた「スエコザサ」が
    があります。

    • あららままさん
      コメント有難うございます。

      ハキダメギク、牧野富太郎博士が付けたものですが、名前の付け方が安直過ぎて、何とセンスのない学者さんだと思います。
      可哀そうな名前でも、お花は可愛らしいですよね。
      同じ区内に「牧野富太郎記念庭園」があるのですか、奥様の名前を付けられた植物もあるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。