姫檜扇水仙

我が家の東側の通路で咲いていたヒメヒオウギズイセンを撮ってみました。何となく撮り難いお花ですが、ネタも余りなく成って来たものか、仕方なく挑戦です。

1) 「クロコスミア」 アヤメ科クロコスミア属の球根性多年草。和名:ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)別名:モントブレチア

2) 南アフリカ原産のヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交配種で、園芸ではクロコスミア、または旧学名のモントブレチアの名前でも呼ばれているそうですね。

3) 華やかな色合いのお花で、咲きだすと遠目からでも目を引きます。

4) 少し引いて撮ってみましたが、たくさんの花を咲かせていました。

6 thoughts on “姫檜扇水仙

  1. ヒメヒオウギズイセン、綺麗な色ですね。
    最後の写真、全体が良く判りとても綺麗です。

    • hanakoさん
      コメントありがとうございます。

      ヒメヒオウギズイセンって、本当に奇麗な色合いですよね。
      最後の写真ですか、ありがとうございます。
      もっとたくさんあるのですが、風で倒れたりしていました。

  2. こんにちは。

    確かにヒメヒオウギズイセンは撮りにくいお花ですね。
    アップのお写真、綺麗ですね♪

    • 静さん
      コメントありがとうございます。

      ヒメヒオウギズイセンって、つかみどころが無く撮り辛いお花ですよね。アップの写真も、やはりどの角度から撮ろうかと迷いました。

  3. ヒメヒオウギズイセン 綺麗に咲いていますね。
    なんとなく撮り難い花ですが 素敵に撮られていますね。
    3枚目が好みです。

    このお花 よく増えませんか? あちこちに生えて来るので
    毎年抜いていますが、あの球根がどこから来るのか
    いつも不思議に思っています。

    • あららままさん
      コメントありがとうございます。

      ヒメヒオウギズイセン、日当たりの悪い場所にある物か、今が盛りの状態で咲いています。
      あららままさんも、やはり何となく撮り難いと思われますか・・。
      3枚目ですか、ありがとうございます。
      このお花、本当によく増えますよね。
      我が家でも、以前は花壇に植えていたのですが、増え過ぎるものか、東側の通路に植え直しました。
      このお花、地下茎を伸ばして、その先端に新しい球根が毎年1個ずつ増えるそうです。と言う事は、毎年倍に増えると言う事なのでしょうね。

コメントは停止中です。