シンビジウム

今回も我が家で細々とですが咲いてくれたシンビジウムの掲載です。植替えをしなくてはいけないのですが、ついほったらかし状態で、でも、細々とでも花を咲かせてくれています。

1) 「シンビジウム」 ラン科シュンラン属(シンビジウム属)の多年草。

2) シンビジウムは、東南アジアから日本にかけて自生する原種を交雑育種してできてきた洋ランで、ランとしてはたいへん丈夫で、寒さにも強く、定期的に植え替えを行い、明るい日ざしに当てるようにすれば、よく育ち花を咲かせるそうです。

3) 我が家のは、その、定期的に植え替えと言うのが出来ていないのですよね。

4) 少し引いて撮ったお花ですが、この様に少しだけしか咲いていません。でも、何もしていないのに咲いてくれるのは嬉しいですね。

シンビジウム」への4件のフィードバック

  1. こんばんは。
    シンビジウム、とても綺麗な色合いで咲いていますね。
    定期的に植え替えをしなくても、これだけ咲いてくれると嬉しいですね。
    2枚目の写真の角度、好きです。私も育ててみたいですがもう増やせません。

    • hanakoさん
      コメントありがとうございます。

      シンビジウム、ほったらかしですが、花穂は少なく短いですが、毎年咲いてくれています。でも、たまには植え替えをしようかなって思っています。
      2枚目ですか、ありがとうございます。

  2. おはようございます。

    シンビジウム、やはりラン科ですからとても華やかで綺麗ですね!
    ほっておいても咲いてくれると嬉しいですね。

    • 静さん
      コメントありがとうございます。

      シンビジウムって、ラン科のお花ですので、やはり華やかな感じがしますよね。それに鉢植えで植えっぱなしなのですが、花穂の数は少なくなっていますけど、咲いてくれるだけ嬉しいお花だと思います。

コメントは停止中です。