花衝羽根空木

今回のお花も、朝日を撮っている公園で咲いていたものです。
普通はアベリアと呼ばれていますよね。
花期の長いお花で、夏の花の少ない時期など貴重な品種だと思います。

1) 「アベリア」 スイカズラ科ツクバネウツギ属の常緑低木。和名:ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)別名:ツクバネウツギ、ハナゾノウクバネウツギ

2) アベリアは、19世紀中期にイタリアで作出された交配種です。両親の長所である四季咲きといえるほど長い開花期や、半常緑でありながら寒さに強いという特徴を受け継いだ、優秀な園芸品種だそうです。

3) 純白のお花も可愛らしいですが、萼が特徴的で目立ちますよね。

4) 別名のツクバネウツギは漢字では「衝羽根空木」と書きますが、これはウツギに似た姿で、プロペラのように広がる5枚の萼が花後も残り、羽根つきの羽根のように見えることに由来するそうです。

花衝羽根空木” への6件のコメント

  1. こんにちは。

    アベリアはよく見かけますね。
    花期も長いですし、可愛いお花ですよね♪
    萼は緑のものもありますが、赤いものは華やかですね。

    • 静さん
      コメント有難うございます。

      アベリアって、本当に花期の長いお花ですよね。
      お花も可愛らしいですし、花の少ない夏場には有難いお花です。
      萼は、緑より、この赤い方が目立ちますね。
      朝日を撮っている公園では、両方あるのですが、ついこちらを撮ってしまいます。

  2. アベリアは公園でよく見かけますし
    本当に花期も長く 可愛い花ですね。
    昔、この名前を教えてもらった時の覚え方は
    間抜けなアベマリアでした。
    それ以来 この花を見ると その言葉を思い出します。

    • あららままさん
      コメント有難うございます。

      アベリアって、花期も長く可愛らしいお花ですよね。
      特に萼の部分が可愛いと思います。
      これも朝日を撮っている公園で咲いていたものですが
      赤い萼と緑の萼の2種類があります。
      「間抜けなアベマリア」と言う覚え方ですか、面白いですね。
      私は、和名の「花衝羽根空木」で憶えていました。

  3. 長い花期なので葉が紅葉してるのかしらと思ってましたら
    shinさんから教えて頂いたのを覚えてます。
    今度はあららままさんの「間抜けなアベマリア」・・・・
    なるほどね(^^)・・・最初はビックリでしたが・・字が抜けてるのですね。

    • メロンさん
      コメント有難うございます。

      長い下記のアベリア、夏場には貴重なお花だと思います。
      萼の部分が特に綺麗でしょう。
      緑のもありますが、私は、この赤い萼の花が好きです。
      あららママさんの覚え方、面白いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。