瓢箪木の実

以前お花を掲載したヒョウタンボクがもう実を生らしていました。
ユスラウメに似た可愛らしい実で、並んだ2つの果実が合着します。
本当に赤い小さなヒョウタンの様ですね。

1) 「ヒョウタンボク(瓢箪木)」 スイカズラ科スイカズラ属の落葉性低木。和名:キンギンボク(金銀木)

2) ヒョウタンボクの仲間は、日本、中央アジア、ロシアなどを中心に約180種が分布するスイカズラ科スイカズラ属の植物だそうですね。

3) 二つの実が合着しているところです。小さい方は、まだ完全には熟れていませんね。

4) 二つ並んで咲いていたお花の実が、この様に合着するって不思議ですよね。

ヒョウタンボクのお花は、ヒョウタンボクの花からご覧頂けます。

8 thoughts on “瓢箪木の実

    • 信ちゃんさん
      コメント有難うございます。

      ヒョウタンボクの実、可愛らしいでしょう。
      ユスラウメに似て美味しそうなのですが、仰る通り猛毒なのですよね。間違えて食べると大変な事に成るそうです。

    • 静さん
      コメント有難うございます。

      ヒョウタンボクの実、本当に可愛らしいですよね。
      それに二つの花の実がくっつくなんて不思議だと思います。
      静さんも先日見られたのですね。

  1. ヒョウタンボクの実 可愛く、実の形も名前の通りで
    楽しいですね。
    花を見ると スイカズラ科スイカズラ属 納得です。

    • あららままさん
      コメント有難うございます。

      ヒョウタンボクの実、可愛らしいですし、形も面白いですよね。
      実では分かり難いですが、花を見ると スイカズラ科スイカズラ属 って、よく分かりますよね。

  2. 本当に可愛らしいですよね(^^)
    よく、このような姿になるなあと思ってしまいます。
    やはり、色が赤色だから可愛らしいのでしょうね。
    黒色だと、、、、(^^;

    • メロンさん
      コメント有難うございます。

      可愛らしい実でしょう。
      それに美味しそうですし、でも、毒があるそうで食べれないようです。それにしても、二つの花の実がくっつくなんて不思議ですよね。
      色合いも、やはり赤だから可愛いのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。