千萱

朝日を撮っている公園に生えていたチガヤを逆光で撮ってみました。もう穂は綿毛状態になっていましたが、逆光で撮るとまた感じが違って見えますね。

1) 「チガヤ(千萱、茅、白茅)」 イネ科チガヤ属の多年草。 別名:チバナ(茅花)、ツバナ等

2) 和名チガヤの由来は、「チ」は千を表し、多く群がって生える様子から、千なる茅(カヤ)の意味で名付けられたものだそうです。

3) かつては食べられたこともある、古くから親しまれた雑草だそうですね。

4) 朝日とチガヤの群生です。

ヒペリカム・ジュエリー

我が家のピエリカム・ジェリーの実が色付きだしました。このピエリカム・ジェリーシリーズには、色んな実の色があるようですが、我が家のは赤っぽい実で、ルビーと言う品種かと思います。

1) 「ヒペリカム・ジュエリー・ルビー」 オトギリソウ科ヒペリカム属の低木。

2) このピペリカム・ジェリーシリーズは、通常のピペリカムの矮性品種で、樹高もそれほど高くなりませんので、コンパクトに育てられるのが魅力でしょうか。

3) お花も可愛らしいですが、実も素敵で両方楽しめますね。

4) 我が家のは、玄関口に置いているのですが、日当たりが余り良くないので、少し間延びしている感じです。

ジュンベリーの若い実

ご近所のジュンベリーが少し色付いてきました。可愛らしい実で撮ってみましたが、昨年は、この様な写真を撮った後、野鳥に殆ど食べられてしまったのですよね。その為か、今年は部分的にですが、ネットをもうかけていました。

1) 「ジュンベリー」 バラ科ザイフリボク属の低高木。 別名:アメリカザイフリボク

2) 北アメリカ原産で、葉が完全に展葉する前に白い花を数多く咲かせます。花以外にも、初夏にたわわに実る果実や、秋の紅葉、美しい樹形と、四季を通じて楽しむことができます。

3) 完全に熟すと紫色になるのでしょうが、その実は見たことが無いです。

4) ネットを掛けている場所を外して撮ってみました。

金柑

朝日を撮っている公園の近くのお宅に生っていたキンカン、実がまだいっぱい生っていました。これままにされるのでしょうか、勿体ない気もしますね。

1) 「キンカン(金柑)」 ミカン科キンカン属の常緑低木。

2) 日当たりの良い上の部分は綺麗に熟れていましたが、絵になる下の方は、まだ青さの残る実も多かったです。

3) 中国の長江中流域原産で、日本へは中国から伝わり、名の由来は、黄金色のミカン(蜜柑)の意味から金橘、金柑の中国名が生まれて、日本ではそれを音読みしてキンカンとなったそうですね。

4) こちらが全景ですが、まだいっぱいの実が残っていました。

梔子の実

朝日を撮っている公園の南側にある遊歩道脇のクチナシが色付いていたので撮ってみました。昔は、色んな物の色付けに使っていたようですが・・。

1) 「クチナシ(梔子)」 アカネ科クチナシ属の常緑低木。

2) 庭先や鉢植えでよく見られ、乾燥果実は、生薬・漢方薬の原料(山梔子・梔子)となることをはじめ、着色料など様々に利用できるそうですね。

3) 和名クチナシの語源には諸説あり、果実が熟しても裂開しないため、口がない実の意味から「口無し」という説。また、上部に残る萼を口(クチ)、細かい種子のある果実を梨(ナシ)とし、クチのある梨の意味であるとする説など、他にも様々あるそうです。

4) 野生では山地の低木として自生しますが、むしろ園芸用として栽培されることが多いそうです。