檜扇

今回は、我が家のヒオウギが実って来たので撮ってみました。
花も可愛らしいですが、実もこれからどの様に弾けるのでしょうか・・。
現在は、花も咲いていますし、実も生っている状態です。
でも、たくさんの実を生らせると株が弱るものか、摘果をしようかと思っています。

1) 「ヒオウギ(檜扇)」 アヤメ科アヤメ属の多年草。

2) 実も可愛らしい形をしていますね。

3) この様に数個の実が生っていますので、少し摘果をしようかと思っています。

珊瑚樹の実

朝日を撮っている公園のサンゴジュが、綺麗な実を生らしていました。
真っ赤な実を見ていると秋だなって思いますね。
昨晩から今朝は涼しかったですが、また暑くなるのでしょうか・・?

1) 「サンゴジュ(珊瑚樹)」 レンプクソウ科(旧スイカズラ科)ガマズミ属の常緑高木の実。

2) 真っ赤に熟れた実、本当に珊瑚玉の様ですね。

3) 夏から秋にかけて赤く美しい楕円形の果実をつけ、それを宝石サンゴに例えて名付けられたそうです。果実はさらに熟すと藍黒色に成るそうで、少しですが、色合いが変わっているのもありますね。

お辞儀草

段々と掲載ネタも無くなり、オジギソウが実を生らしだしたものか、撮ってみました。トゲトゲしていますが、マメ科らしい実ですね。

1) 「オジギソウ(お辞儀草、含羞草、学名:Mimosa pudica)」 マメ科オジギソウ属の一年草。別名:ネムリグサ(眠り草)、ミモザ

2) ブラジル原産の草花で、本来は毎年花を咲かせる多年草ですが、寒さに弱く、園芸上は一年草扱いに成っています。

3) 1-2枚目の様にまだ花も咲いていますが、実もたくさん生っていました。

4) 如何にもマメ科らしい実なのですが、棘が凄いですよね。でも、こうして見ると可愛らしい実かと思います。

ヒペリカムの実

我が家のヒペリカム ジュエリーが実り、色付きだしました。
可愛らしい感じの実ですよね。

1) 「ヒペリカム ジュエリー」 オトギリソウ科オトギリソウ属の常緑低木の実。

2) オランダで鉢物生産向けに育種された矮性のヒペリカムのシリーズだそうですね。

3) パール、ピンクサファイア、ルビーなどがあるようですが、我が家のは、多分ルビーだと思います。

4) こちらが全景です。少し伸びすぎて来たので、剪定をしたいのですが、何時も剪定の時期に忘れるのですよね。

春の兆し

このところお花も余り咲いていませんし、掲載ネタが切れてしまいました。
今回は、今朝撮って来た苔の胞子です。
自然界は、確実に春の準備をしているのですね。
それに今日は、これからメインパソコンのマザーボードの取替えです。
Windows 10 の起動が遅く、新型のチップセットを載せたマザーに替えようかと
それに動画を保存しているものか、HDDの容量も足らなくなり
それにも対応したマザーです。
マザーを交換すると言う事は、OSとかアプリも全部インストールのやり直しです。

1) 「コケ(苔)」 コケ植物の一種。苔と言っても種類が多く、何類かは不明です。

2) 少し先端部分に胞子が出来かけてきている感じです。

3) こちらは、先端に胞子が膨らんで来ていました。

4) こうして見ていると、この苔すら春の準備をしている感じですね。