珊瑚樹の熟れかけた実

朝日を撮っている公園でサンゴジュの実が熟れかけていました。
朝日を浴びて奇麗だったものか、撮ってみました。

1) 「サンゴジュ(珊瑚樹)」 スイカズラ科ガマズミ属の常緑小高木。

2) 日本(千葉県以西)、朝鮮半島、台湾や東南アジアの温帯~亜熱帯地域に野生するそうです。

3) 肉厚の葉っぱに水分の多い幹、防火林としても役に立つそうですね。

4) でも、もうこの様な色合いに熟れて、季節の進み方が早いなって思います。

ジューンベリーの実

ご近所のジューンベリーが、まだ熟してはいませんが、実をいっぱい生らしていました。私は食べたことが無いのですが、美味しいのでしょうね。
何時もこの後、鳥除けのネットを被されるので、色づき始めた実を撮ってみました。

1) 「ジューンベリー」 バラ科ザイフリボク属の低木・高木。別名:アメリカザイフリボク

2) こうして見ていても可愛らしい感じの実ですね。

3) 生食でも美味しいそうですが、ジャムなどにも利用できるそうですね。

4) 少し引いて撮ってみました。感じとして、昨年より実が多い気がします。

追記:この写真を撮らせて頂いた翌々日に見ると、もう殆ど実が無かったです。野鳥に食べられてしまったようです。このお宅の方とお話をしましたが、ネットを被せようと思っていたらもう実が無くなっていたそうです。

金柑

朝日を撮っている公園の側で見かけた金柑です。
沢山の実が生ったままに成っていて、勿体ないなって思いました。

1) 「キンカン(金柑)」 ミカン科キンカン属の常緑低木。 別名:キンキツ(金橘)

2) 中国の長江中流域原産で、果実は果皮ごとあるいは果皮だけ生食したり、果皮のついたまま甘く煮て、砂糖漬け、蜂蜜漬け、甘露煮などにするそうですね。

3) 子供の頃、おやつ替わりによく食べたのを思い出します。

4) こちらは全景ですが、たくさんの実が残っていますね。

紅葉葉楓の実

朝日を撮っている公園の北側にあるモミジバフウが落葉し、実だけが残っていて、形が面白かったものか撮ってみました。

1) 「モミジバフウ(紅葉葉楓)」 フウ科フウ属の落葉高木。別名:アメリカフウの実

2) 北アメリカ中南部・中央アメリカ原産。日本へは、大正時代に渡来したそうです。

3) 花期は4月頃。雌雄同株で、雄花と雌花が別々に頭状花序をつけます。果実は集合果です。

4) 木によって実の生っているのと生っていないのがありました。こちらは多目に実った木です。

黄金柾

チョット撮るのが遅れて、もう実が萎れかけていましたが、奇麗なのもありましたので撮ってみました。
黄金マサキは、実よりもはやり観葉植物でしょうかね。

1) 「オウゴンマサキ(黄金柾)」 ニシキギ科ニシキギ属の常緑低木。

2) オウゴンマサキは土地を選ばず耐陰性も強い為に、環境が悪くても生育できるそうですね。

3) 日向でも日陰でも成長し、適湿な場所を好むそうですね。

4) 何時も近くの公民館で撮っているのですが、今年は少し撮るのが遅れました。