臭木の実

先だってまだ開いていないクサギの実をアップした時には、直前まで草刈りが済んでいたのですが、その場所で止まってしまい、お蔭で初めてクサギの実の開いたのを撮る事が出来ました。

1) 「クサギ(臭木)」 シソ科クサギ属(旧クマツヅラ科)の落葉小高木の実。

2) 果実は紺色の液果で秋に熟し、赤い萼が開いて残るためよく目立つそうですが、余り赤い萼では無かったです。

3) たくさんの花が咲いていましたが、萼が開くまで残っていた実はこの2個だけでした。

4) でも、初めて撮った実、やっと撮れたと言った感じで、可愛らしい実だと思います。

蔓茘枝

今朝は、生憎の小雨の降る夜明けとなってしまいました。
今夜は“中秋の名月”が見れる日なのですが、この様子だと微妙な感じですね。
最近はお花の少ない時期で、掲載ネタに困ってしまいます。
季節外れのようですが、ゴーヤのお花が奇麗に咲いていたので撮ってみました。

1) 「ツルレイシ(蔓茘枝)」 ウリ科ツルレイシ属のつる性一年草。別名:ニガウリ、ゴーヤー等

2) 標準和名の「ツルレイシ」は、イボに覆われた果実の外観と、完熟すると仮種皮が甘くなるという2つの形質が、ムクロジ科の果樹であるレイシ(ライチ)に似ていることに由来するそうですね。

3) でも、地方によって呼び名もかなり違うようです。

4) 可愛らしい実も生っていました。

小紫

今回は、お花を撮り損ねたのですが、色付きだしたコムラサキの掲載です。
可愛らしい色合いの実をたくさん生らせ、遠目にも見事ですね。

1) 「コムラサキ(小紫)」 シソ科ムラサキシキブ属の落葉低木の実。別名:コシキブ(小式部)

2) 和名の由来は、秋に小さな紫色の実をつけるところからきているそうですね。

3) まだ熟れ始めたばかりで、先の方は緑の実が生っていました。

4) こちらがほぼ全景です。見応えのあるコムラサキですよね。

臭木

まだ開き切っていませんが、クサギの実を撮って来ました。
と言うのも、近くまで雑草の伐採が近づいて来ていたためです。
この実の額が開くと、可愛らしい感じの実に成るらしいのですがね。
何時もその前に伐採されてしまいます。

1) 「クサギ(臭木)」 シソ科(旧クマツヅラ科)クサギ属の落葉低木の実。

2) 萼が奇麗に開いてはいませんが、中のコバルトブルーの実が見えていました。

3) 今にも開きそうな感じなのですが、開くのが先が、伐採されるのが先か・・。

4) クサギの実の後ろ姿です。実の回りを覆っている萼が開いたのを撮りたいのですがね。

冬瓜

今朝は、かなりの風雨で早朝散歩は中止です。
そこで昨日、ナタマメを取らせて頂いた畑で、トウガンのお花も撮ってきました。実も生っていたのですが、なんだか細長くて・・?

1) 「トウガン(冬瓜)」 ウリ科トウガン属の一年草。 別名:カモウリ(氈瓜・加茂瓜・賀茂瓜)等

2) 原産はインド東南アジアで、7-9月に収穫し、実は大きいもので短径30cm、長径80cm程度にもなるそうですね。

3) 名前の由来は、完熟後皮が硬くなり、貯蔵性に優れ、丸(玉)のままなら冷暗所保管で冬まで日持ちすることから、冬瓜と呼んだそうです。

4) これが実のようなのですが、チョットイメージと違いますね。でも、畑で作業されている方に名前を教えて頂いたのですが・・。