南天の実

今朝は、生憎の小雨の降る夜明けとなりました。
でも、それも早朝だけで、予報では、お昼前には晴れるそうです。
今回は、色づき始めたナンテンの実の掲載です。

1) 「ナンテン(南天)」 メギ科ナンテン属の常緑低木。

2) 中国原産。日本では西日本、四国、九州に自生していますが、古くに渡来した栽培種が野生化したものだとされているそうです。

3) 庭木としてや玄関前などに植えられることが多い植物で、音が「難転」即ち「難を転ずる」に通ずることから、縁起の良い木とされている様ですね。

4) 初夏に白い花が咲き、晩秋から初冬にかけて赤色で小球形の果実を生らせます。

屁糞葛の実

そろそろかと思いヘクソカズラの咲いていたところに行ってみると
いっぱいの実が生っていました。
まだ青い実や、完全に乾いた状態に成った実迄色々とありました。

1) 「ヘクソカズラ(屁糞葛)」 アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草。別名:ヤイトバナ(灸花)、サオトメバナ(早乙女花)等

2) 名前は可哀そうですが、お花は可愛らしいですよね。

3) この実は、まだ完全に乾燥していない状態です。

4) こちらは完全に乾燥した実です。

実りの秋

今朝は、すっかり寝坊をしてしまい、朝景は撮れませんでした。
こちらは、昨日撮って来ていた、オシロイバナの実です。

1) 「オシロイバナ(白粉花、白粧花)」 オシロイバナ科オシロイバナ属の一年草。別名:ユウゲショウ(夕化粧)

2) 南アメリカ原産で、江戸時代始めごろに渡来。花が美しいため観賞用に栽培されましたが、広く野生化もしています。

3) 額から実が離れ、風でも吹くと、今にも落ちそうな感じですね。

4) これを撮った時間帯はもう萎んでいましたが、まだ花も咲いているようです。

柾の実

今回は、オウゴンマサキの実を撮ってみました。
まだ弾けているのは少なかったですが、掲載ネタ切れで仕方なくアップです。

1) 「オウゴンマサキ(黄金柾)」 ニシキギ科ニシキギ属の常緑低木。

2) この斑入りの葉 のオウゴンマサキは、実も可愛らしいですが、やはり葉っぱが綺麗だと思います。

3) 実からオレンジ色の種が飛び出していました。

4) まだ弾けた実は少なく、全体的にはこの様な感じでした。

檜扇の実

今回は、我が家のヒオウギの実と種です。
掲載ネタが切れて来たものか、この様な物しか撮れませんでした。

1) 「ヒオウギ(檜扇)」 アヤメ科アヤメ属の多年草の実と種。

2) 実が弾けて、中から黒い種が飛び出して来ています。芽吹くか種を蒔いてみたいと思っています。

3) いつの間にか、種が無くなってしまった殻です。

4) もうひとつ弾けていない実がありました。