黄金柾の実

今日で11月も最終日、早いもので明日からは12月
なんだかあっという間に正月が来そうです。
11月最終は、近くの公民館でオウゴンマサキの実が弾けていたので撮って来ました。
葉っぱは違いますが、実は、普通のマサキと変わりませんね。

1) 「オウゴンマサキ(黄金柾)」 ニシキギ科ニシキギ属の常緑低木の弾けた実。

2) このオウゴンマサキは、斑入り葉品種の一種で、実をアップで撮っていますので目立ちませんが、葉っぱの綺麗な品種です。

3) 全景は、剪定をされて綺麗になかったものか撮りませんでしたが、葉の色はこの写真が一番よく分かると思います。

4) 剪定されていたので実も少なかったのですが、この様ないっぱいの実が生ったところもありました。

車輪梅の実

朝日を撮っている公園のシャシンバイですが、剪定をされてしまい
余りたくさんの実は生っていませんでした。
でも、黒紫色に熟した実は、可愛らしい感じでした。

1) 「シャリンバイ(車輪梅)」 バラ科シャリンバイ属の常緑低木の実。

2) 和名は枝の分岐する様子が(葉の配列の様子とも)車輪のスポークのようで、花が梅に似ることから付いたそうです。

3) 可愛らしい実で、これで食べられたら最高なのですが・・。

4) 公園や庭木等にも植栽され、結構良く見かけますね。

柿の実

美味しそうな柿の実が生っていたものか、撮って見ました。
私の大好きな柿の実、でも、他所様のでは見るだけですね。

1) 「カキノキ(柿の木)」 カキノキ科カキノキ属の実。

2) 品種名は分かりませんが、甘柿でしょうかね。

3) 私の田舎では、甘がきは「富有柿」、干して食べる渋柿は「西条柿」が植えられていました。と言っても販売用ではなく、自宅で食べるために植えていたものですがね。

4) こちらが全景ですが、余り大きな木ではなかったです。でも、実はいっぱい生っていました。

南京櫨

今回も、先だって撮って来ていたナンキンハゼの実です。
まだ皮が付いたのとか、弾けて中の白い実が見えているのとかありました。

1) 「ナンキンハゼ(南京櫨・南京黄櫨)」 トウダイグサ科ナンキンハゼ属の実。

2) 和名は、ハゼノキの代わりに蝋をとる材料として使われるようになった、中国原産の木の意味だそうです。

3) 弾けて殻が落ちた種、この白い部分が蝋の原料に成るそうですね。

4) 弾けた種と、まだ皮の部分が残っている実です。

唐鼠黐

今朝は、小雨の降る生憎の夜明けと成りました。
昨日は、クロガネモチを掲載しましたが、今回は、トウネズミモチの掲載です。
名前は似たような感じもしますが、属も科も違う木です。

1) 「トウネズミモチ(唐鼠黐)」 モクセイ科イボタノキ属の常緑高木の実。

2) よく似た実にネズミモチがあります。違いは、実がついている枝の部分を、果序と言いますが、ネズミモチは白っぽい色をしていますが、トウネズミモチは、赤茶色をしています。

3) 後、葉っぱや実の形も違うのですが、果序の見分けが一番簡単かと思います。

4) こちらが全景ですが、かなり大きな木でしょう。