花茄子

ハナナスが綺麗に実っていたので撮ってみました。このハナナスは、水を必要としない花材として利用されるそうですね。

1) 「ハナナス(花茄子)」 ナス科ナス属(ソラヌム属)の低木。園芸的には一年草扱い。

2) 原産地の熱帯アメリカで、ミニトマトのような可愛らしい果実をつけます。

3) 果実は、白→橙→赤へ変化し観賞用として栽培されます。

4) こちらがほぼ全景ですが、結構可愛らしいですよね。

クワズイモ

我が家のクワズイモなのですが、お花は撮りそこないましたが、赤い実が生っていました。

1) 「クワズイモ」 サトイモ科クワズイモ属(アロカシア属)の多年草の実。

2) 一般的にアロカシア属は葉を観賞することが多いですが、クワズイモは葉よりも地上部で膨らむ根茎が魅力的な観葉植物だそうですね。

3) 上から見た実です。枯れた仏炎苞が惨めですね。花の時に撮れたらよかったのですが、庭の奥の方にあるものか、つい撮り忘れてしまいます。

4) ほぼ全景ですが、これでもかなりの大きさなのですよね。

小紫

今朝は、小雨の降る夜明けで、早朝散歩は中止にしました。このところお天気がいまいち安定しませんね。

今回は、コムラサキの色付いた実の掲載です。早いもので、もうこの様に色付く季節なのですね。それにコムラサキとムラサキシキブ、よく似ていて判り難いです。

1) 「コムラサキ(小紫)」 クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木。別名:コシキブ(小式部)

2) まだ先端の方は白い実で、色付いていないところもありました。

3) 和名の由来は、秋に小さな紫色の実をつけるところからきています。 別名をコシキブ(小式部)ともいい、 いずれも「紫式部」にちなむ名です。 園芸的には紫式部の名で流通することもありますが、植物上のムラサキシキブ(紫式部)は別種です。

4) こちらがほぼ全景です。ムラサキシキブは枝垂れませんが、コムラサキは写真の様に枝垂れます。

珊瑚樹

今回は、掲載ネタが切れてしまい、急遽朝日を撮っている公園のサンゴジュの実を撮って来ました。

1) 「サンゴジュ(珊瑚樹)」 ガマズミ科ガマズミ属の常緑高木。

2) 和名のサンゴジュは、秋に真っ赤に熟す果実が柄まで赤く、この姿をサンゴに見立てたのが由来となっているそうです。

3) 今年は熟れるのが早いようで、もう青黒色に変わって来ている実もありました。

4) 少し引いて撮ってみましたが、ピントが中心の実ではなく、周りの実に合ってしまっていますね。

蔓茘枝

早朝散歩の途中に見かけたツルレイシが実を生らし始めていました。可愛らしかったものか、お花共々撮ってみました。

1) 「ツルレイシ(蔓茘枝)」 ウリ科ツルレイシ属の一年草。別名:ニガウリ(苦瓜)、ゴーヤ

2) 標準和名の「ツルレイシ」は、イボに覆われた果実の外観と、完熟すると仮種皮が甘くなるという2つの形質が、ムクロジ科の果樹であるレイシ(ライチ)に似ていることに由来するそうです。

3) 主に未成熟な果皮を食用としますが、独特な強い苦味があるので、好き嫌いが分かれるようですね。でも、私は食べた事が無いものか、好きとも嫌いとも言えないです。

4) まだ小さかったですが、もう実が生っていました。