夾竹桃

このところ小雨の降る夜明けが多く、やっと梅雨らしく成って来ました。
そこで、今日歯科医院に行った時、近くのキョウチクトウを撮って来ました。

1) 「キョウチクトウ(夾竹桃)」 キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木もしくは常緑小高木。

2) 和名は、葉がタケに似ていること、花がモモに似ていることから付いたようです。

3) 雨に濡れていても確りと咲いていました。

4) まだ咲き始めで、数輪しか咲いていなかったです。

4 thoughts on “夾竹桃

  1. 夾竹桃、綺麗ですね。
    我家も昔はありましたが、今は家出されてままです。
    ↓のお花たちもみんなとても素敵です。

  2. hanakoさん
    コメント有難うございます。

    キョウチクトウって、夏のイメージですが、もう咲き出していました。
    hanakoさんのお宅にも昔はあったのですか・・。
    強いお花ですのに家出をされたのですね。
    でも、一般家庭では育てられない方が良いかも、何せ毒の塊の様な花木ですものね。幹も葉も根も、増して剪定したのを燃やすと煙にまで毒があるそうですよ。
    ↓ のお花たち、スイレンボクが可愛らしいでしょう。
    私の大好きなお花で、今二鉢育てています。

  3. 夾竹桃は真夏の暑い日のイメージと
    なぜか・・戦争を思い出すのです。
    なにか、忘れましたが夾竹桃と真夏の終戦記念日が関係あるような、、。
    真夏のお花で元気ですね(^^)

    • メロンさん
      コメント有難うございます。

      キョウチクトウって、夏のイメージがするお花ですよね。
      戦争とキョウチクトウですか、どの様な関係があるのでしょうかね。
      まだ梅雨最中で、数輪咲いていただけでしたが、これからが楽しみのお花ですよね。

コメントは停止中です。