衝羽根朝顔

今回は、昨日早朝は台風の名残の雨が降っていましたが
雨が止んでから散歩に出かけた時、撮ったお花です。

1) 「ペチュニア」 ナス科ペチュニア属の一年草または多年草。 和名:ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)

2) 原産地は南アメリカで、日本には「ツクバネアサガオ」の名称で渡来し、寒さに弱いため専ら一年草として扱れ、雨で育成不良や、枯れる事が多々あることから人気は今ひとつだったそうですね。

3) サントリーが日本の気候に適応できるよう、品種改良した「サフィニア」を出してから、人気が高まり、園芸各社で品種改良の競争が進み、一層の多様性を深めているそうです。

4) こちらがほぼ全景で、台風で傷んだお花も多かったです。

6 thoughts on “衝羽根朝顔

  1. 衝羽根朝顔、初めて拝見したような?
    色合いも良く、綺麗なお花ですね。
    まだお天気が安定しませんね。

    • hanakoさん
      コメント有難うございます。

      衝羽根朝顔って、あくまで和名ですので、殆ど使われていませんね。普通は、ペチュニアと呼ばれているお花の事です。
      よく見かけるお花だと思いますが、種類が多いですよね。
      明日は晴れの予報ですので、楽しみにしているのですが・・。

  2. 可愛らしい色の模様が入ってますね。
    サントリーが日本の気候に適応できるよう、
    品種改良した「サフィニア」・・・本当に丈夫だと思います。
    夏には欠かせませんね。

    • メロンさん
      コメント有難うございます。

      日本に入って来たころは、和名がツクバネアサガオと呼ばれ
      その頃は、種類も少なく人気も無かったそうですね。
      でも、サントリーフラワーズが品種改良した「サフィニア」
      日本の気候にも合って、丈夫なお花に成ったそうですね。
      本当に夏には欠かせないお花だと思います。

  3. こんにちは。

    ペチュニアの和名はツクバネアサガオなんですね。
    涼し気な色の可愛いお花ですね♪

    • 静さん
      コメント有難うございます。

      ペチュニアの和名ツクバネアサガオって、普通使われませんよね。
      でも、和名って面白い名前も多いかなって思います。
      涼し気な色の可愛らしいお花、見ていてもホッとしますね。

コメントは停止中です。