蕺草

今回のお花も、我が家で咲きだしたドクダミの八重品種です。
一重は見つけたら抜いているのですが、八重は大事にしているのですよね。
これって、ドクダミにとっては、不公平だ・・って、言っているかも

1) 「ドクダミ(蕺草)」 ドクダミ科ドクダミ属の多年草。 八重品種

2) どくだみの名称は「毒矯み」(毒を抑える)から付いた名前だそうですが・・。

3) この八重品種、まるでドレス姿の様ですよね。

4) こちらが全景で、まだ咲きだしたばかりです。

ヒペリカム ジュエリー

我が家のヒペリカム ジュエリーが咲きだしたと言うより
もう実も生っていました。
水槽台に掛かり切りだったものか、ついお花を撮るのが遅れて・・。
それに根詰まりしてきたのか、花付が少ない感じです。

1) 「ヒペリカム ジュエリー」 オトギリソウ科オトギリソウ属の常緑低木。

2) オランダで鉢物生産向けに育種された矮性のヒペリカムのシリーズで、これ以上余り大きく成りません。

3) でも、大きく成るヒペリカムと同じで、蕊の長い可愛いお花ですね。花の後ろには、もう実も生っていました。

4) こちらが全景です。何時もならもっとたくさんの花を咲かすのですが、今年は少ない気がします。

睡蓮

我が家の白いスイレンが、やっと咲きだしました。
この純白のスイレン、昨年は咲かなかったのですが
睡蓮鉢に直植えしたためかも知れません。
プランターで育てているクリーム色のスイレンは、昨年植え替えても咲いてくれたのですがね。
でも、こちらは、鉢植えにして、それをプランターに沈めています。
植え方の差でしょうか・・。

1) 「スイレン(睡蓮)」 スイレン科スイレン属の水性植物。和名:ヒツジグサ(未草)

2) 日本において一般的なスイレンは、いくつかの野生種を交配、品種改良し、作出された園芸種だそうですね。

3) でも、こうして見ていると可愛らしいし、清々しい感じのお花かと思います。

4) こちらが睡蓮鉢の全景です。

おまけです~♪
5) 横に置いているアサザもまた咲いていたものか、ついでに撮ってみました。

6) アップで撮ったアサザ、色合いが素敵で可愛いお花ですね。花びらの縁の髭の様な物も印象的かなって思います。

匂蕃茉莉

我が家のニオイバンマツリですが、今期の寒波にやられ
殆ど葉っぱを散らしてしまいました。
でも、何とか復活し、いっぱいのお花を咲かせてくれています。
もっと早く撮る心算だったのですが、水槽台の改造に専念し過て
やっと今朝撮って来ました。
水槽も、下の段の方は、まだ魚を入れていませんが、一応完成と言う事で、BLOG「今日の朝景」にでもアップしようかと思っています。
まだ写真の整理も出来ていないのですがね~・・(汗)

1) 「ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉)」 ナス科 / バンマツリ属(ブルンフェルシア属)の常緑低木。

2) 原産地は、ブラジル、アルゼンチンで、花が紫から白へ花色が変化し、さわやかな芳香があります。

3) 撮るのが少し遅れたおかげか、色の変化の様子を撮る事が出来ました。

4) こちらが全景です。樹高40㎝位ですが、たくさんのお花を咲かせてくれています。

山法師

今朝も相変わらずどんよりとした曇り空です。
ブログのアップが済んだら、昨日完成した水槽台に水合わせをして
退避させていた水槽から楊貴妃メダカの引っ越しです。
それからもうひとつの水槽をセットしなければ・・。
そこで今回は、先だって撮って来ていたヤマボウシの掲載です。

1) 「ヤマボウシ(山法師、山帽子)」 ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。

2) 本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布し、街路樹・庭園樹・公園樹としても用いられるそうですね。

3) 果実は集合果で9月頃に赤く熟し、直径1~3センチで球形、食用になるそうです。

4) 「ベニバナヤマボウシ(紅花山法師)」 ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。

5) ヤマボウシの基本は白花なのに対し、総苞片が淡紅色の華やかな品種です。

6) 咲き進むと色合いが変わるのでしょうか、多少薄い色合いの花と、この様な色合いの花がありました。これ1本の木なのですがね。