車輪梅

今回の花は、少し前に撮ったものですが、シャリンバイのお花です。
お花も素的ですが、シャリンバイは、実も綺麗ですね。

1)「シャリンバイ(車輪梅)」 バラ科シャリンバイ属の常緑低木。

2)原産地は、日本(東北地方南部以南)、韓国、台湾までの海岸近くに分布し、庭木や公園樹として植栽されることも多い様です。

3)純白の花びらに、蘂の根元付近のピンク色が可愛らしいかなって思います。

4)少し引いて撮ってみると、花の盛りが過ぎたのも多いですね。

庭石菖

このところ朝起きれない日が多くなっています。
今朝も目は覚めたのですが、如何しても起きれず、早朝散歩は諦めました。
その分、お昼前頃に歩いているのですが、その時に撮って来たお花達です。

1)「ニワゼキショウ(庭石菖)」 アヤメ科ニワゼキショウ属の一年草。赤紫花種

2)北アメリカ原産。明治中期に渡来し、各地に広く帰化しているそうです。

3)この赤紫花種は、我が家で咲いていたものですが、白花種は家出をしてしまいました。

4)「ニワゼキショウ(庭石菖)」 アヤメ科ニワゼキショウ属の一年草。白花種

5)この白花種も我が家で咲いていたのですが、何時の間にか家出をしてしまい、朝日を撮っている公園で撮影して来ました。

6)小さなお花ですが、どちらの色も可愛らしいですね。

シンビジウム

長年我が家で生き残っているランですが、何の手入れもしなくて、冬でも外に置きっぱなしで、最悪の状態なのでしょうが、それでも花を咲かせてくれました。
このランって、結構強いものですね。

1)「シンビジウム」 ラン科シュンラン属の多年草。

2)正式名称もあるのでしょうが、そちらは不明です。

3)アップで見ても可愛らしいお花ですね。

4)こちらが全景ですが、何の手入れもしないものか、1本しか花茎は出ませんでした。

エゴノキ

最近、起きるのが遅くなっていたものか、今朝はすっかり寝坊をしてしまいました。
楽な方法って、慣れるのはすぐですね。早く元に戻さないと・・。
以前は、朝日を撮っている公園に白い花のエゴノキとピンクの花があったのですが、公園を整備しなおした時植え替えられて、それ以来余り花が咲かなくなりました。
このお花は、他の場所で見かけたものですが、白い花しか有りませんでした。

1)「エゴノキ」 エゴノキ科エゴノキ属の落葉性高木。別名:チシャノキ、ロクロギ

2)和名は、果実を口に入れると喉や舌を刺激してエグイことに由来するそうです。

3)下向きに咲くものか、もう少し大きな木になると良いのでしょうが、まだ木が低いものか、中を撮るのも一苦労です。

4)庭木などとして栽培もするほか、緻密で粘り気のある材を将棋の駒などの素材にもするそうです。

紅花唐種招霊

今朝もどんよりとした曇り空で、二日も続けて曇り空を撮っても仕方ないものか、朝景は諦めました。
予報では、朝は晴れマークだったのですが、夕方は曇りのようで、夕景でも撮れればと思うのですが、無理かも知れません。
こちらのブログは、先だって撮って来ていた ベニバナカラタネオガタマ です。

1)「ベニバナカラタネオガタマ(紅花唐種招霊)」 モクレン科オガタマノキ属の常緑小高木。

2)原種のカラタネオガタマは、中国南部原産の常緑樹で、樹高がある程度の大きさで収まり、枝葉がよく茂り、花の香りがよいので庭木や生垣に利用されるそうです。この種は、そのカラタネオガタマの園芸品種だそうです。

3)カラタネオガタマは、日本には江戸時代の中頃に入ってきたと言われているそうです。

4)この木の側に行くとバナナのような香りがしますが、その香りで、バナナツリーとも呼ばれているそうです。