ムスカリ

今回のお花は、我が家の新入りと、ご近所で咲いていたお花たちです。
ムスカリと言っても色んな色合いのお花があるのですね。

1)「ムスカリ」 キジカクシ科ムスカリ属の多年草。別名:グレープヒアシンス

2)一般的な青紫のお花です。

3)同じムスカリですが、白花種のお花です。

4)この白花種だけ、ご近所で咲いていたのを撮らせて頂きました。

5)こちらの淡い紫色のムスカリは、同居人さんが連れて帰って来たものです。

6)下から見上げてみました。ムスカリの花の中ってこんな感じなのですね。

7)寄せ植えしているムスカリ部分の全体像です。

紅花常磐万作

今回のお花は、ご近所で咲いていたベニバナトキワマンサクです。
色合いも華やかで綺麗なお花だと思います。

1)「ベニバナトキワマンサク(紅花常磐万作)」 マンサク科トキワマンサク属の常緑小高木。

2)トキワマンサクの変種にあたり、紅紫色の花を咲かせます。

3)美しい花色で鑑賞価値も高いことから、庭木にも広く利用されているようですね。

4)トキワマンサクは海外から偶然持ち込まれて発見され、後に国内での分布も確認されたというおもしろい経歴があるそうですね。

姫蔓日々草

先だってまで冷え込んでいたのですが、このところの暖かさで
色んな花々が一気に咲きだしました。
今回は、ヒメツルニチニチソウの掲載です。

1)「ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)」 キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の多年草。

2)ヨーロッパ原産で、青色の5弁花の花を咲かせます。

3)ツルニチニチソウによく似ていますが、ヒメツルニチニチソウは、萼には毛がありません。

4)でも、この角度から見るとどちらか良く分からないですよね。ネットでは花の大きさの差も言われますが、育つ環境で花の大きさって変わりますので、私的には、萼の毛の有無が一番簡単な見分け方かと思います。

薄化粧

多肉植物のウスゲショウの花が咲きだしました。
このお宅から芽を頂いて、我が家でも花が咲きそうに成って来てはいるのですが、何分まだ株が小さく華やかさが欠けるものか、親元のお花を撮らせて頂きました。

1)「ウスゲショウ(薄化粧)」 ベンケイソウ科マンネングサ(セダム)属の多肉植物。

2)見事に咲いたお花ですよね。我が家のは、まだ株が小さくこれ程の花は咲きそうにも無いです。

3)でも、昨年頂いた時から思うと、新芽も出てきて段々と大きな株になって来ています。

4)我が家のも、来年はこれ位のお花が咲くと良いのですが・・。

菊桃

なかなか咲かないので枯れたかと思っていたキクモモ
部分的にですが、やっと咲きだしました。
半分位は枯れかけている感じに見えたのですが、元気に成ってくれると良いのですがね。

1)「キクモモ(菊桃)」 バラ科サクラ属の落葉小高木でモモの1品種。別名:ゲンジグルマ(源氏車)

2)名前は、花弁が細長くキクに似ていることに由来するそうです。

3)濃い紅色の八重咲きで、本当に菊の花に似ていますね。

4)全景を撮りたかったのですが、半分枯れかけた感じでしたので、綺麗な部分だけを撮ってみました。