芙蓉

今回は、ご近所で咲いていた白花種の芙蓉を撮らせて頂きました。昨日の花殻を見ると一重のスイフヨウにも見えますが、昼間に見ていないものか、確認できていません。

1) 「フヨウ(芙蓉)」 アオイ科フヨウ属の落葉低木。

2) 日本の南部では野生化していますが、もともとは中国原産であると推測されているそうです。また、室町時代に観賞されていた記録があることから、古くから栽培されていたようですね。

3) ピンクのお花などもありますが、私は、清楚な感じがするこの白花種が好みです。

4) よそ様のお宅なものか、少しだけ引いて撮ってみました。

白花曼珠沙華

今朝は、すっかり寝坊と言うか、何時もの持病が出て起きれませんでした。そろそろ季節の変わり目なのでしょうね。

そこで今回のお花は、昨日花友達のお宅で咲いていたシロバナマンジュシャゲです。我が家のは、やっと花芽が土から見える位になったばかりなのに、どうしてこれほど開花の差があるのでしょうかね。

1) 「シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)」 ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。

2) ヒガンバナとショウキズイセンの雑種だそうですが、咲き始めは紅色や黄色をおび、その後白く変わるそうです。

3) いくつかの園芸品種があり、純白に近いものや、黄色又はピンク色の強いものなどがあるそうです。

4) こちらがほぼ全景ですが、草丈が高くなるものか、全体は撮り辛いですね。

クワズイモ

我が家のクワズイモなのですが、お花は撮りそこないましたが、赤い実が生っていました。

1) 「クワズイモ」 サトイモ科クワズイモ属(アロカシア属)の多年草の実。

2) 一般的にアロカシア属は葉を観賞することが多いですが、クワズイモは葉よりも地上部で膨らむ根茎が魅力的な観葉植物だそうですね。

3) 上から見た実です。枯れた仏炎苞が惨めですね。花の時に撮れたらよかったのですが、庭の奥の方にあるものか、つい撮り忘れてしまいます。

4) ほぼ全景ですが、これでもかなりの大きさなのですよね。

小紫

今朝は、小雨の降る夜明けで、早朝散歩は中止にしました。このところお天気がいまいち安定しませんね。

今回は、コムラサキの色付いた実の掲載です。早いもので、もうこの様に色付く季節なのですね。それにコムラサキとムラサキシキブ、よく似ていて判り難いです。

1) 「コムラサキ(小紫)」 クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木。別名:コシキブ(小式部)

2) まだ先端の方は白い実で、色付いていないところもありました。

3) 和名の由来は、秋に小さな紫色の実をつけるところからきています。 別名をコシキブ(小式部)ともいい、 いずれも「紫式部」にちなむ名です。 園芸的には紫式部の名で流通することもありますが、植物上のムラサキシキブ(紫式部)は別種です。

4) こちらがほぼ全景です。ムラサキシキブは枝垂れませんが、コムラサキは写真の様に枝垂れます。

ポーチュラカ・ウェルデルマニー

昨年、ブロ友さんのところで拝見し、どうしても欲しくなり探したのですが、昨年は売り切ればかりで、今年やっと手に入れることが出来ました。

1) 「ポーチュラカ・ウェルデルマニー」 スベリヒユ科スベリヒユ属(ポーチュラカ属)の多肉性多年草。

2) ブラジル原産で、白いふわふわの綿毛がからんでいるかのようなユニークな多肉植物です。

3) 一輪だけですが、やっと咲いてくれました。

4) こちらが全景です。右に小さな鉢に植えている ウェルデルマニー は、ドワーフモンキーバナナと一緒に購入したのですが、箱から取り出す時に折れたのを挿し芽をしていたら根付いたものです。